ATR法 セオリー

全反射(ATR)法は、多目的に使える強力な赤外測定法の1つです。ATRで分析する場合、サンプルは通常、前処理をまったく必要としないか、ほんの少しの前処理で測定できるので、ATR法を用いれば赤外スペクトルを迅速に得ることができます。透過法では厚すぎるサンプルを、ATR法を使ってルーチンで分析することができます。またATRは、物質の表面だけの情報を見たい場合にも有効です。


詳細はこちら(カタログPDF)