U6000AT+ 超音波ネブライザー / メンブラン脱溶媒

 

CETAC U6000AT+超音波ネブライザー/メンブラン脱溶媒システムは、ICP-AESまたはICP-MSへの試料の溶媒負荷(有機揮発性または水)を減少させるように設計されています。
ICP-AESではU6000AT+は、主に揮発性有機溶剤の分析のために使用されます。これらの溶剤は、ICP-AESでの深刻な問題を引き起こす可能性があります。(プラズマの消失、プラズマ不安定性、高二酸化炭素排出量によるバックグラウンド、およびICPトーチにカーボン蓄積など)ICP-MSのためのU6000AT+は、揮発性有機物と水性サンプルの両方に使用することができます。
利点としては、溶剤系質量分光干渉の低減(例えば24Mg+へのC2+干渉)が見込まれます。U6000AT+のサンプル信号は、標準的な同軸ネブライザーよりも一般的に2〜5倍感度アップが見込まれます。

カタログはこちら