Raman RXN2 1000 蛍光リダクションシステム

蛍光回避 長波長励起ラマンシステム

0102

RAMAN RXN2 1000Analyzerは、蛍光を発して測定ので着なかったサンプルのモニタリングなどに最適なシステムです。

研究所でのFT-Ramanのスペクトルパフォーマンスを実現し、尚且つ、高感度でin-situ反応モニタリングをファイバープローブで行えるようデザインされた新しいシステムです。
FT-Raman装置は1980年後期に多く導入されて以来、研究所において最終製品のポリマー、医薬品や特定の専門的な化学製品などの分析に、いろいろな産業で使用されました。大半のアプリケーションは、最終生品の品質保証やテストに使用されています。しかし、FT-Raman分析を研究所以外のプロセス測定などに使用することは難しく、サンプリングをしての測定を行う方法しか取ることが出来ませんでした。RAMAN RXN2 1000 ラマンアナライザーはこれらの問題に対処するために、分散型の方式を採用し、技術革新を興しました。

RAMANRXN2 1000のラマンアナライザーは、RAMAN RXNシステムですでに確立した技術を元に設計されました。
RAMAN RXNシステムは、信頼性、安定性、適用性が高く、多くのモニタリング分析に使用されています。Kaiser社では、RXN2を元に、長波長の赤外レーザー励起による装置の開発に着手し、最適な光学系、グレーティング、プローブおよび検出器など多くのテクノロジーを終結し、RAMANRXN2 1000を完成させました。 そして、RAMAN RXN2 1000アナライザーは今までin-situでモニターすることが出来なかった特定のアプリケーションの確立を可能にしました。これらのアプリケーションは、反応の初期や、Fermentation、不純物のある結晶、バイオ燃料製造、食品、飲料と重質炭化水素などがあります。

RAMAN RXN2のオプション

031000アナライザーはビルトイン・プローブを含むレンズ、ルーチン分析用の試料室、ファイバーなどが保管できる、移動が簡単なカートがあります。
カートは簡単に移動が可能なため、原料識別分析、研究室のメソッド開発のためのベンチトップ分析、パイロットプラントの反応モニタリングなどいろいろな環境下を一台ラマンアナライザーで行うことが出来ます。その自在性は、プロセスの製造環境や、専用の品質管理分析の開発にも応用できます。

移動用カート
研究所用プローブヘッド
パイロットプラント用プローブヘッド
試料室

04