ホログラフィック レーザー バンドパスフィルター

holographic

Kaiser社のホログラフィック レーザー バンドパスフィルターは 2つのコヒーレントなレーザーを相互に使用し、干渉パターンを作りフィルターとして制作されており、従来の蒸着型の干渉フィルターとは異なります。このフィルターは不必要なプラズマラインやレーザーソースの蛍光より光学的にフィルタリングする一般的な手法で使用できます。レーザービームとコンバインした高いレーザースループットよりスペクトルバンド幅を非常に狭くしたことで、, ホログラフィック レーザー バンドパスフィルターは今まで得られなかったレベルのパフォーマンスを提供します。

仕 様
レーザースループット >90% (S-偏光レーザーラインの)
スペクトルバンド幅 <2 nm
(at O.D. 0.3 or 50% points with user supplied spatial filter (aperture))
レーザーダメージ値 >5 watts c.w. unexpanded at 514 nm and 1064 nm
波長範囲 標準波長 (nm): 441.6, 457.9, 476.5, 488.0, 514.5, 532.0, 568.2, 632.8,
647.1, 752.5, 785.0, 1064.0
特注波長: 441.6 nm ~ 1064.0 nm
環境安定性 No detectable performance change after cycled between -50oC to +80oC and
returned to room temperature.
サイズ 24.2 x 24.2 mm footprint, 20 mm high

*スペクトルのバンド幅はユーザーより供給される出力ビームのアパーチャーの位置やサイズにより変動します。通常、出来るだけ小さなアパーチャーをかけることで狭いバンド幅を得ることが出来ます。


動作理論

img02

The Holographic Bandpass Filter consists of a volume transmission grating located between two prisms. A collimated S-polarized laser beam is directed perpendicularly into the cube. The internal transmission grating diffracts the laser line through 90 degrees so that the output beam is nominally perpendicular to the exit face of the cube. The grating is spectrally selective so only the light which is very close to the design wavelength of the filter is diffracted. The undiffracted light passes through the back face of the cube. Unwanted light with wavelengths near the laser line is diffracted by the transmission grating but at a different angle than the laser line. This unwanted diffracted light can be removed by a spatial filter (slit or aperture) located beyond the exit face of the cube.