ニュース

マイクロバイスに便利なアタッチメントができました。

30deg Holder-02

マイクロバイスに便利なアタッチメントができました。
好評発売中のマイクロバイスに多層膜等の顕微測定には大変便利なSliceIR(スライサー)という斜めホルダーが新登場です。カット面の厚みが4倍まで広がります。

 

IMSのEXELLIMS社と日本総代理店契約を締結しました

20130416_407051

EXCELLIMS社GA2100は、世界初の市販のelectrospray ionization ion mobility spectrometerです。エレクトロスプレー・イオン化(ESI)を高分離能イオン・モビリティ分光計(HRIMS)と組み合わせて、GA2100はより速いスピードとより安い動作コストでHPLCのような機能を提供します。さらに、GA2100は有機溶媒の使用を不要とし、分離プロセスでの溶媒廃棄の関連コストを不要とします。ESI-HRIMSは、環境を配慮し、HPLCに代わるものです。全ての新しいDirect Sprayサンプル導入は、完全にクロスコンタミを排除し、ほんの数秒で迅速な分析を実現し、サブPPM濃度の定量が可能です。これは、スピードと感度を必要とするアプリケーションに理想的です。デモ機も入荷済みで当社ショウルームにてテストしていただけます。

カタログ送付、デモのご希望等は  sales@stjapan.co.jp までご一報ください。

CETAC社レーザーアブレーション日本総販売代理店契約締結しました

0205

最近ICP,ICPMS分析装置の前処理装置としてレーザーアブレーション装置が注目されています。同装置は岩石、金属、ポリマー等固体試料を液体に溶かす等の面倒な前処理をせず直接強いレーザ光を照射し試料を蒸発・微粒子化し本体に送り込み測定するもので微小域(5μm~)や極表層の試料微粒子化が可能な技術です。本装置の世界でのリーダーである米国CETAC社と当社間で1月17日付けで日本総販売代理店契約が締結されました。 お問い合わせは sales@stjapan.co.jp までお願いいたします。

FT-IRとの複合分析インターフェース3機種のご紹介

0116

ご使用中のFT-IRとの組合せでLC/GPC-IR, GC-IR, TGA-IRが可能となる3種のインターフェースの販売を開始いたします。未知物の同定等は混合物をLCやGCで分離した後にライブラリー検索にかけるとヒット率は急激に高まります。デモンストレーションユニットも用意いたしますのでご興味をお持ちの方は sales@stjapan.co.jp までご一報下さい。 パンフレットはこちらをクリック下さい。