panorama

panorama1

作業環境に対応して…
• 特注や既成のユーザー・インターフェース(ドラッグ&ドロップ)
• 単一若しくは複数のユーザーアプリケーションに同時対応
• 各種データソースからの知的ベース構築が可能
• 柔軟なFile管理システム(ユーザーの希望に沿ったファイル管理システムが可能)
• 各種言語(英語、日本語、ドイツ語等々)に対応可能なソフトウエア・システム
• 分析データのコピー&ペーストによる互換性
• 異種データ( cross-linking data )からの自動知識向上(AI機能)

panorama2

• 2D及び3D機能による関連データの見易い表示
• ライブラリーやFileに対してのデータ検索やフルテキストサーチが可能
• ライブラリーやFileシステムに対する構造式と部分構造式によるサーチが可能。
• データープロセスのアッセンブリー及びデータ処理機能
• UV/VIS データからのカラーメトリックス分析(色分析機能)
• CFR 21 part 11 に準拠
• 自由なレイアウトによる自在の報告書の作成が可能


日本価格(カタログPDF)

詳細はこちら(カタログPDF)