Saturn 超長光路ガスセル

9_1_a_h_01

ジェミニ社のサターン シリーズの多重反射セルはリサーチグレードの50mから100m、または100m以上以上までの長光路ガスセルです。

各種の分光器システムに合わせた、センターフォーカスやサイドポートへ固定することのできるカスタムのベースや導入光学系を用意しており、適度なセル容量と拡張された光路長を持っています。レーザーデバイスを使用したビジュアル光路長確認機構が基本的に含まれています。

セルボディはポロシリケートガラス(パイレックス)または石英を選択可能です。
ハードウェアは基本的に黒アルマイト加工のアルミニウムで構成されていますが、ステンレススティール(保護コートまたは電解研磨)や純ニッケル、ニッケルコートアルミニウム、テフロンコートアルミニウムなどユーザーに合わせた使用にすることも可能です。

製品仕様

9_1_a_h_02

ジェミニ社のサターン Saturn Cell 18L/80Mシステム構成 (サイドポートタイプ)

A – 口径の大きい試料ガスラインとフィッティング:3/8″ NPTにスヴェージロックのコネクションがついています。

バルブおよびフィッティングはバルクヘッドタイプです。精密に調整されたオブジェクトミラーにより光路長と高いエネルギー効率を保証します。

B – シンプルなセルラックは真空や圧力による振動から阻害されにくい構造になっています。リング間はアルミニウムロッドで固定し,セルのエンドプレートとの真空をボルトにより維持します。
C – 225 mmパイレックスボディ. 端面は高真空に耐えうるよう、平らに研磨されています。ベースパスは約1mです。

D – ホーン&ビメンテルレトロリフレクションミラーは6列の赤外光イメージを作り、最大100mの光路長となります。

E – 赤外透過用の窓板が固定された、真空カバープレート: 大口径のセルを支え、頑丈な固定されたシステムベースプレートに固定されます.

F – FT-IRの分光器に適応したMCT検出器とカスタムのトランスファーオブテックスと固定マウント。 多くの – FT- IRのサイドポートに固定つり付け可能です。

G -システムベースプレート
強さと安定性を持ったアルミニウム製のプレートです。