Venus 長光路ガスセル

img01-1ジェミニ社のウ゛ィーナスシリーズはガスの全般的な分析に使用される、少ないガス容量で長い光路で測定出来るガスセルセルです。

光路長は1mから6.5mまで用意することが可能です。セル容量はを光路長に適合した、エネルギー効率の良い容量が0.5literから1literまでの中から適応されます。

セルボディの材質はアルミニウムかボロシリケートガラスです。ハードウェアは黒アルマイト加工されたアルミニウムになります。 室温又は200℃までの高温操作を行うことも可能です。

ガスセルにははFT-IRの試料室マウントに取付けることが可能な標準のホルダーが用意されています。またベース固定するタイプやガス試料部までの導入光学系をパージするカバーも用意することが出来ます。

特徴

■ ヴィーナスシリーズのガスセルは不活性の高品質金属を用いて製作されています。腐食性ガスに耐性があり多くのFT-IRに共通して使用することが出来ます。セルは基本的に組立式で、多様な構成に変更が可能で、セル洗浄なども簡単に行うことができます。

■ ガラス製のボディとアルミニウムのハードウェアは多様な材質(ニッケルコートしたアルミニウム、アルミニウムの黒アルマイト加工、アルムニウムのいテフロン加工)への仕様にすることが可能です。

■ 試料ガスラインのコネクションは標準規格のバルブやフィッティングで、 スウェージロック,Nupro,Cajon,およびWhitey等の部品を用意することが可能です。エンドプレートにはタップのたったNPTのホールまたは、VCRのコネクションを用意することができます。

■ 標準のミラーコーティングは”Multi-layered dielectric bare gold”で高い耐久性と反射率を持ったミラーを採用しています。また、プロテクトシルバー、プロテクトゴールド、アルミニウムコートへの選択も可能です。

■ ヴィーナスシリーズのガスセルは光路長固定のタイプと光路長可変のタイプを用意しております。セル容量は0.5literから1liter、光路長は1mから6.5m(8mも可能)になります。ウ゛ィーナスセルは高い光効率と適度な光路長を持ったガスセルで、FT-IRによるサブppm領域のガス分析に最適なものとなっております。

■ ヴィーナスシリーズの多くは室温操作の光路長固定タイプですが、200℃までの高温操作のできるヒーターと温度コントローラーも用意されています。