HyperFlux U1及びHyper U1 ONDAXコンフィグレーション

0215-1

ラマン分光に最適 高スループット高分解能 バーチャルスリット分光器

製品概要
Tornado社の HyperFlux U1は、紫外線から近赤外(380~ 1100nm)まで対応可能で、スペクトル分解能は0.2~0.5nm カスタマイズ出来る、HTV対応の分光プラットホームです。
ラマン分光のために、U1は代表的なレーザー励起波長 (532、633、785、830、その他)ストークスとアンチストークス の範スペクトルを得ることが出来ます。

特徴
・ハイスループットバーチャルスリット(High-Throughput Virtual Slit:HTV)搭載の分光器
・同時測定が出来る、高分解能で高いスループット
・ONDAX社のフィルターと合わせて、テラヘルツラマンの測定を可能にします
・微弱な光を得ることが出来ます
・多様な構成に対応可能です
・UV/Vis/NIRまで広い範囲に対応できます
・蛍光自由な反ストークス、低出力照明
・電子冷却CCDオプション
・プロセス測定に最適

0216-2

TSS_white-paper_enhanced-chem-identification