The Unscrambler®X

0218-11The Unscrambler®X  New version 10.2    

より速く、より簡単に、より高度に!
最先端の多変量解析&実験計画ソフトウェアが さらに進化しました!
The Unscrambler®は 47カ国の 3000以上の企業と 300以上の大学で 25000人のユーザー様に ご使用頂いております。 

多変量解析(MVA)と実験計画(DoE) の必要機能のすべてが揃う
The Unscrambler®は、歴史と実績を誇る業界スタンダードソフトウェアで す。世界中の食品飲料製造・製薬・化学・エネルギー産業のR&D、 製造部門で非常に強力な業務支援ソリューションとして洗練された データの視覚化、予測モデリングに活用されています。

The Unscrambler®Xは計算効率と性能、グラフィックスケール変更の操作 性、解析操作の自由度、使い勝手が一段とアップした、最先端の 多変量解析(MVA)&実験計画(DoE)ソフトウェアの最新バージョンです。 データ探索と解析がますます速く、高性能に、しかも簡単になりました!

優れたカスタマイズ性
・データと解析をプロジェクトごとに管理ができます。
・プラグインオプションでお客様の用途に合わせた解析機能のカスタマイズが可能です。

ニーズにジャストフィット

・プラグインアーキテクチャを採用、様々な分野に特化した使い方が可能です。

アルゴリズムも追加・改良
The Unscrambler® X 最新アルゴリズムを追加搭載! サポートベクターマシンによる分類、L-PLS、クラスター分析、 線形判別分析など、メタボロミクス、センソメトリックス、 プロセスモニタリングへの応用が広がりました。

0218-12

最先端の多変量解析ソフトウェアがますます速く、高機能化。使いやすさも向上!
高速64ビット処理により、大規模データセットの処理も スムーズに なりました。
クロスバリデーションによる予測性能診断、PCA-LDA、新しいプロット オプションなど、新たな方法と機能で解析性能がさらに向上し、 編集機能、インポート・エクスポート機能を強化、操作が一段と 簡単になりました。
わかりやすいユーザーインターフェースと高機能グラフィック、 最先端の解析方法をもつThe Unscrambler® Xは多変量解析・実験計画 ソフトウェアの最高峰です。あらゆる産業のデータ解析、 プロセス解析からスペクトルデータや官能試験データの解析まで、 幅広くご利用頂けます。

どんな解析ニーズにもフィットする多変量解析テクノロジー
前処理、解析処理、実験計画法、予測機能

■前処理
平滑化、正規化、微分、ベースライン補正、SNV標準正規化、分光データ変換、 トレンド除去、MSC/EMSC、OSC直交シグナル補正、再分解、平均化、転置、 ノイズ処理、補間処理、InS相互作用と二乗項の効果、重み付け、中心化スケーリング、 分位点正規化、ユーザー定義の変換、欠測値の補充、COWピークアライメント

■解析処理
記述統計量、統計量の検定、主成分分析(PCA)、MCRスペクトル分解、 クラスター分析、重回帰分析(MLR)、主成分回帰(PCR)、 部分最小二乗回帰(PLSR)、3変数・部分最小二乗回帰(L-PLSR)、 サポートベクターマシン(SVM)回帰

■実験計画法 プラケット・バーマン法、一部実施法、完全実施法、 D‐最適化法、中心複合法、ボックス・ベンケン法、混合実験法

■予測機能 主成分分析(PCA)投影、回帰予測、分類(SIMCA、PLS‐DA、SVM)

体験版は今すぐWEBで!こちらから

0218-14